葬儀・生花 お葬式とお花の花美葬(はなびそう)│神奈川県・東京都

弊社は生花店直結のため、美しく良質な生花祭壇をお安く提供させていただいております。

ホーム花美葬(はなびそう)ブログ ≫ お葬式に贈る供花についての解説 ≫

お葬式に贈る供花についての解説

76149c5a621e737c0eb6cfffe1878ee3_s

葬儀で贈るお花~供花の名前の書き方を解説~

社会人になるまでは葬儀に参列する際も様々な手続きを両親が代理で行ってくれます。
しかし、社会人になってからは香典の包み方やお花の手配などを全て自身で調べる必要が出てくるのです。
特に、お花と言っても複数の種類が存在し、個人との間柄や宗教の違いによっても贈り方に違いが出てきます。
また、実際にお花を贈ることになった際は下記のような様々な疑問が生じるでしょう。
  • お花を贈りたいけど名前はどのようにして書けばよいのか
  • 友人と連名で出したい時はどのように名前を書くべきか
  • そもそもお花の手配方法はどうすればよいのか
作法を誤ってしまいご遺族に不快な思いをさせないよう、お花に関する疑問を解説していきたいと思います。
 

葬儀で送るお花とは?

お葬式の祭壇脇に名札のついたお花を飾ってあるのを見たことはありますか?
そのお花は「供花(きょうか)」と呼び祭壇に供える花のことを言います。仏教用語では「供花(くげ)」と呼ばれています。
供花はお釈迦様が薨去(こうきょ)したときに、弟子の一人が青連華(しょうれんげ)というハスの花を手向けたことが由来とされており、故人に花を供する風習は仏教以外でも行われています。
供花はお葬式の際にお悔みの気落ちを込めて送る生花のことであり、葬儀で飾った後は告別式後、火葬前に棺の中の故人を飾ることに使われます。
お花の数え方は、一つを一基(いっき)、二つで一対(いっつい)と数えます。


お花(供花)に名前を書く

葬儀場へ行くと供花の下に「親族一同」などの名前が書かれてあるのを見たことがあると思います。
この名前の書き方にも注意点があります。

友人・知人との連名で出す場合

友人同士が同級生である場合、順番に決まりはありませんが、先輩など目上や年上の人と一緒に出す場合は右側から順に地位が上の人から書きます。
複数人で送る場合(目安として4名以上)は、名札に個々の名前を書くとごちゃごちゃするので「友人一同」として送るのが良いでしょう。

会社・法人名で出す場合

会社名(正式なもの)、肩書、名前の順に書きます。例えば「平成商事株式会社 代表取締役社長 青木一郎(仮名)」の様に会社名→役職→名前の順に書くのですが、会社名が長い時などは「平成商事㈱」と会社名を略式で記載することもあります。
会社の部署、社員皆で送る場合は「平成商事株式会社 営業部 社員一同」と書きます。

夫婦で出す場合

ご夫婦で送る際は、夫の名前だけを書くのが基本です。香典袋では連名で書く場合もありますが、供花では別居・離婚していると意味合いがあります。しかし近年では夫婦で送る場合、右側に夫の名前、左側に妻の名前(妻は名字は書かず下の名前だけ)を書く傾向に変わってきています。

親戚など何人かで出す場合

親戚間で送る場合、「○○家一同」や「兄弟一同」、「子供一同」、「孫一同」、「親戚一同」と書きます。
二人兄弟など兄弟の人数が少ない場合は、年の順に右側から書いていきます。

キリスト教の場合

キリスト教の葬儀では、名札をつけないのが一般的で、芳名板で掲示されることもあります。芳名板とは、供花一つ一つに名札をつけるのではなく、黒板のような一枚の板に送ってくれた人の名前を掲示するものになります。


供花を送る際の宗教別のお花の違い

仏教

白い菊やスプレーマム、百合、カーネーションがよく使われます。
種類は3種類で白菊のみ、洋花(白菊を使わない)、ミックス(白菊と洋花を混ぜたもの)になります。
金額が高い物になると胡蝶蘭やデンファレ、カトレアなどが入る所が多いです。

神道

仏教と同じで白い菊や百合が使われます。榊(さかき)は喪主が供え、その他の人は供花を送ることが一般的です。

キリスト教

キリスト教の葬儀の場合は、菊は用いらずカーネーションや百合を使用します。ハート形や十字にアレンジした花を送ることもあります。


供花を送る

供花を送る際は、遺族の了承を得ることになります。故人や遺族の意向から、香典・供花は受け取らない時もあります。
遺族か葬儀会社に連絡し、お花を送って良いのか確認をします。葬儀会場に連絡すると喪家がお願いしている葬儀会社の連絡先を教えてもらえます。

手配方法

手配の方法としては
  • 葬儀会社に頼む
  • 花屋に直接頼む
  • ネットで頼む
方法がありますが、一番確実なのは葬儀会社です。会場によっては葬儀会社からの注文以外は持ち込めないところや、他で頼んだものを飾ってもらえるところでも他の供花と違うお花や色合いになるため、統一感を出せないデメリットが生じてしまいます。直接花屋に手配したり、ネットで手配する場合は遺族や葬儀会社に確認が必要になります。

金額の相場

供花の相場は、首都圏で15,000円(税抜)~30,000円(税抜)です。金額によってお花の種類や大きさが異なります。喪主・遺族の意向で金額を統一している場合もあります。

支払い方法

お通夜の時に、直接葬儀会社に支払うのが一般的です。会社などで出す場合は請求書払いも可能です。注文の際に葬儀会社に確認しましておきましょう。
供花の相場価格や手配方法について詳しく知りたい方は下記記事を参考になさってください。

供花を送る際の注意点

祭壇、供花の飾りつけは、通夜当日のお昼くらいから始まります。お花屋さんの準備もありますので遅くても、お通夜当日の午前中までに手配しましょう。

まとめ

供花は送ればいいというものではありません。故人、遺族の意向もあるので葬儀会社に問い合わせをし、事前に送っても良いか確認します。
沢山のお花で故人を送りたいと思っている遺族でのお葬式では喜ばれることなので、お世話になった故人に供花を送りたいという気持ちは大事です。供養の一環としてマナーを守って送りましょう。
 
 
2020年03月04日 15:49

コメント一覧

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
花美葬
〒210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-1
0120-56-3096
営業時間
24時間
定休日
年中無休 会社概要はこちら

モバイルサイト

花美葬(はなびそう)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら