葬儀・生花 お葬式とお花の花美葬(はなびそう)│神奈川県・東京都

弊社は生花店直結のため、美しく良質な生花祭壇をお安く提供させていただいております。

ホーム花美葬(はなびそう)ブログ ≫ 葬儀に贈るお花の金額と手配方法 ≫

葬儀に贈るお花の金額と手配方法

thumbnail_image

葬儀に贈る供花の相場金額と手配方法を解説

お世話になった方のお葬式にお花を贈りたい。
手配の仕方、費用はいくら?など様々な疑問の解説をしていきます。
 

葬儀に供花(きょうか)を送りたい場合

手配の仕方

手配の方法としては以下があります。
担当葬儀社に依頼する。
知り合いの生花店へ依頼する
ネットショップへ依頼する。
一番確実なのは担当葬儀社へご葬家名を伝えて手配を依頼する方法です。
親族や他の方が注文されている供花と統一され式場の雰囲気にも合わせてくれます。
お知り合いの生花店やネットでの注文では花の内容や形、立札の様式が変わってしまうことがあります。
宗教の違いなどにより送る花の種類も様々なので注意が必要です。
折角の好意、マナー違反にならない様気を付けましょう。
また、供花をご注文されるときは必ずお通夜の開式2時間前迄に葬儀式場への配達を担当店にお願いしてください。

金額の相場

葬儀用供花としての相場は関東首都圏では15,000円から30,000円(税抜き)です。
実際の葬儀で注文されるのは15,000円の供花が9割を占めています。
当社では15,000円、20,000円、25,000円の供花をご用意しております。
種類は白菊、洋花(白菊を使わない)、ミックス(白菊と洋花を混ぜたもの)がありますが葬儀社によっては洋花の供花は20,000円からなど金額が統一されてない場合もあります。

贈る方の名前(芳名名札)の書き方

個人で出される場合は個人名をそのまま立札に表記します。
法人や団体の場合、社名・団体名、肩書のある方は社名または団体名・役職・氏名となります。
故人から見てのお子様、ご兄弟、お孫様が多い場合は子供一同・孫一同、・兄弟(姉妹)一同と言う表記も多く使われます。
ご夫婦で出される場合はご主人側に名字を入れるのが一般的です。ご兄弟やご姉妹の場合はそれぞれに名字を入れます。
連名の場合ですが4人連名以上になると立札の面積からして見えづらくなるので注意が必要です。
4人の連名で2つの供花を注文をされる場合などは二人の連名で1つずつお出しする方が良いでしょう。
ご親戚、ご親族に同姓のお名前の方が複数いるご家族ではお名前の前に現在お住いの地名を入れる事もあります。

枕花・供花・献花の違い

枕花とは、亡くなった人の枕元に飾る花のことです。
供花とは、葬儀の祭壇の両脇に故人から見て血縁の濃い順番に飾る花の事です。
献花とは、キリスト教ではお焼香のかわりにカーネーションなどの花を献花台に手向ける花の事です。


遺族側からのお返しの金額相場

供花を頂いた場合、何かお返しをするのがマナーとなっています。
頂いた供花の金額の半分~三分の一の値段の物をお返ししましょう。
昨今では好きなものを選ぶことのできるカタログギフトが選ばれることもありますが、会社名などの団体で頂いた場合はお菓子など複数人で分けれる物が良いと思います。


供花を送る際の注意点

訃報を聞いて供花を送る際、喪家はお葬式の打ち合わせ等忙しく過ごしているので直接連絡するのは控えましょう。
故人の意向、ご遺族の意向により供花を辞退される葬儀もあります。
葬儀会社に確認をとってから手配すると良いです。
葬儀会社が分からない場合は、葬儀会場に問い合わせると教えてくれます。
マナーを守ってお世話になった故人のお見送りができるよう覚えておくといいですね。
 
 
2020年03月06日 12:13

コメント一覧

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 
花美葬
〒210-0006
神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-1
0120-56-3096
営業時間
24時間
定休日
年中無休 会社概要はこちら

モバイルサイト

花美葬(はなびそう)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら